続Linuxコマンド

最近svnをコマンドから使っている。
macにいいguiのフリーのツールが無いもんで…

あんまりLinuxコマンドが得意じゃないのでめんどうなのだが、まぁ致し方あるまい。
今まではチェックアウト、コミット、アップデート、追加、削除くらいしかコマンドは使ったこと無かったので、ちょっと調べてみた。
うーん、他に日常で使うのは以下くらいか?

svn st
ファイルやディレクトリの状態を表示

svn log
コミットログメッセージを表示

svn stは普通によく使える。便利。
あとはlogね。
今のプロジェクトはsvnとlinuxの初心者メンバーと一緒に仕事をしているので、logとかもこまめにチェックして変なことしてないかみてあげたい。

まーまー初心者メンバーとやっていると変な出来事ばかり。。
新人君だから仕方ないかもしれないけれど、
既にあるファイルを入れ替えてcommitすればいいだけなのに、
わざわざsvn deleteしてsvn addしてからsvn commitしたり…
なんで!?

「なんでそうやったの?」
「…すみません。」

うーん、理由を話してくれないタイプなので原因が分からず話が進まない…
やっぱりわかってなかったのだろうか。再度ちゃんと説明せねば。

しかしこのsvn log。
少なくともデフォルトでは新しいリビジョンから順に表示される。
つまり、ターミナルの一番下には一番古いものが表示される。

うーん、みたいのは最近のリビジョンの情報なのにこれは不便…
なのにちょっと調べた感じ…ソートをかえるオプションはなさそう…???

ええー、ほんと!?
けっこー不便なんだけど!

誰かやり方知ってたら教えて??。

コメントを残す

サブコンテンツ